給料ファクタリング方式とは

個人間融資の炭治郎では給料ファクタリング方式を採用しております。

給料ファクタリングとはそもそも何なのかという方もいらっしゃると思いますので説明していきます。

ファクタリングとはもともとは企業の資金調達の手段で売掛金などの債権を販売し買い取ってもらい現金化することが主流だったのですが個人では利用できませんでした。

そこで個人でも利用できるように給料を事前に売却し現金を手にするという内容が利用できるようになりました。

例えば、毎月200,000円の給料をもらっている方ならそこから手数料の20%を引かれて160,000円を受け取り給料日に200,000円をファクタリング会社へ返還する、というような形になります。

手数料などは業者によって様々です。

これを給料ファクタリングといいます。

前もってお伝えしておくと炭治郎は個人間融資であり給料ファクタリング会社ではありません。

お給料日に貸したお金を返してもらっているだけなのでわかりやすく給料ファクタリング方式と言っております。

給料ファクタリング方式=お給料日決済していただく

炭治郎ではこの給料ファクタリング方式を採用しており10%~40%を引かせて頂きお金をお渡ししております。

給料ファクタリングのメリットとしては、闇金やソフト闇金なんかと比べてお金を手にしやすい、というところです。また給料日にかならず決済ができるので遅れたりすることも無く気持ち的に楽です。

デメリットとしては給料をもらってから早い段階でファクタリングしてしまうと次の給料は無くなりますよね?そして次の給料まではかなり時間が空きますので生活が苦しくなってしまう可能性があります。

炭治郎では給料全額などではなく給料の一部だけファクタリングする事が可能ですのでこのような事態に陥る心配はありません。

兎にも角にもご利用は計画的に行いましょうと言う事です。

給料ファクタリングについて説明しましたがわかりにくかった方は口頭でも説明しますので申込みの後にお尋ねください。